【真面目な方限定】1万円プレゼントします。

京都でいちばんうまいタイカレー屋さんに行ってきた。

どうもおおおおおおおおおおおお!

鈴木です。

今日は梅雨の京都よりお送りします。

有休消化中につき就職活動もしつつ、かなり自由な時間を満喫しております。

なので、妻とタイカレーを食べにいってきました。

タイカレーレストランsiamシャム

円町駅からだと徒歩5分ほどでしょうかね。

ぼくらは自転車で颯爽と乗り付けまして、到着。

IMG_6570

本場の料理店さながらの店構えです。(ぼくはタイ未経験ですが。。笑)

店内写真はお昼間のフィーバータイムにつき撮影してませんが、おそらくネットで調べていただくとすぐ出てくると思います。(たぶんグルメ雑誌などでも特集されているはず)

メニューは充実の5種類のカレー(グリーン・レッド・イスラム・ブラウン・ドライ)から選べます。

サイドメニューで手羽先の唐揚げやさつま揚げ、トムヤムクンなどの王道メニューはもちろんのこと、ココナッツプリンやドリアンのアイスクリームなどのデザートまで注文可能。

カレーの具はチキン、ポーク、シーフードから選べるのですが我が家は迷うことなくポークです。

雨の日も風の日も雪の日もポーク。

しかもかならずグリーンカレーです。

ライスはデフォルトの200g。

注文して待つこと10分・・・

IMG_6540

おいしそうなかき揚げ丼定食が!

ではなくて、

IMG_6567

グリーンカレーが登場です。

よそのお店でグリーンカレーを注文するとタケノコやレモングラスが入ってたりするんですが、ここのは入っていません。

トマト、ピーマン、ジャガイモ、かぼちゃ、揚げナスといった具がゴロゴロ・・・。

シャムのグリーンカレーは日本人向けに改良されていると思います。

ポークも角煮のような感じでゴロッとたっぷり!

お好みでテーブル備え付けの唐辛子いりナンプラーで辛さ調整も可能なのがうれしいですね。

じつはこのお店、ぼくが大学で京都にきてからというもの、ひと月に1度はかよっているお店なのです。

通い始めたのが大学の1回生の秋頃からだったと思いますので、おおよ2008年ころから数えるとゆうに100回以上はこのグリーンカレーをいただいていることになりますね。

通いはじめのころはレッドやシーフードに浮気したり、季節限定の牡蠣や鴨肉に手を出したりしたものですが、紆余曲折を経ていまのスタイルに落ちついたわけですね。

※これを我が家では「グリーンポーク200最強説」としています。

四条大宮付近にカレーヌードルのお店も出されてますが、京都にこられた方はまず、円町シャムがオススメです。

観光でこられた方は京都っぽいものをリクエストすることがやっぱり多いんですが、意外と高くてイマイチなところが多いのが正直な感想です。

もちろんリーズナブルなオススメのお店もたくさんありますので、それはぼちぼち勝手に紹介していければと思います。

ということで、初のグルメネタでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です