【真面目な方限定】1万円プレゼントします。

【祝!ブログ開設2ヶ月】ブログを続けてみて考えたこと。

BlogPaint

ブログ開設から2ヶ月が経ちました。

たいせつな節目ということで、緊急投稿です。(ほんとはネタがないからです。)

まさか2ヶ月も続けられるとは思っていなかったのが正直なところ。

こんなブログでも読んでいただいている方にむけて、なにか還元しなくてはと思うところありです。

とかいいつつもかなり適当です。

関連記事:

ブログをはじめて変わったことはありますか?

いきなり質問形式ですが、答えはイエス。

常にブログのネタを探していますから、日々の生活にメリハリがでました。

つねにオモシロいことを探しています。

例えるなら、一見すると腐りかけた魚(オモシロくないように見えること)も、どう調理すれば食えるか…という思考でものごとに接するようになってきています。

なんだか懐かしいこの感覚…とおもったら、作品制作をしていたときの感覚でした。

過去作、ほぼデータないと思いますが、気が向いたらアップするかもです。

いまオススメしたいことは?

やっぱりVALU自伐型林業です。あとブログです。

VALUってなに?

VALUは(審査はありますが)誰でもはじめられて、これからくるムーブメント(評価経済社会、仮想通貨、AIなど)についても知見を得られるプラットフォームになっていると思います。

とくに、「資金がないけどこれをやりたい!」というのが明確にある方にはクラウドファンディングのほうが有効かもしれません。

その逆で「方向性は決まっているけど詳細までバッツリ決まっていない」方にはVALUがオススメです。

ヴィジョンに共感した方がパトロンになり、”VA”(=VALU内での各個人の株式)をビットコインという仮想通貨を介して支援していくシステムになっています。

説明がわかりにくい!という方はタクスズキさん(@TwinTKchan)というブロガーの記事をおすすめします。

らふらく^^
信頼する人に投資できて運用益も得られる「VALU」。始め方とメリット・デメリットまとめとく【使い方も追記】

超絶わかりやすいのにタダで公開しています。

VALUの攻略マニュアルがnoteとかで有料で販売されてますが、まずはこの記事を読んでおけばVALUについて理解はできると思います。

ちなみにぼくのVALUはこんな感じです。

15

現在9名の方にスズキVAを保有していただいてます。

他人のVAを購入するにはビットコインが必要になります。

ビットコインの口座はここからつくれます。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

coincheck
じゃあ自伐型林業って?

林業だったら”なんとなく”わかると思いますが、頭についてる”自伐型”がわからない方が多いかもしれませんね。

簡単に説明すると次のとおりです。

  1. かつて山林を手入れするのは山林所有者だった(奈良の吉野など有名林業地には特例アリ)
  2. なので“自”分で“伐”採などの手入れをする林業を自伐林業とよぶ
  3. つまり基本は自伐林家だった。
  4. しかし、いまの林業は所有者が他人に委託して手入れをしてもらっている
  5. そこを原点に立ち返りじぶんの山はじぶんで手入れしようというのが自伐型林業
  6. 集落で共同管理している山林(他人の山)も集約して施業することがあるから自伐“型”

じゃあ自伐型林業といまの林業の違いはどこにあるんでしょうか?

下の図がその違いを簡潔に説明しています。

difference

ぼくが自伐型林業を知ったきっかけはブロガーのイケダハヤトさんの記事でした。

まだ東京で消耗してるの?:これからは「林業」が儲かる。地方創生の目玉は「自伐林業」だよ

これを読んだのがコトのはじまりでして、意外とやっていけるんじゃないか?と思ってどんどん興味を持ちました。

そこからいろいろじぶんで見聞きするようになって、オモシロいなあと。

なにより身体をうごかして汗をかくのも気持ちよかった。

全国的にも参入するひと(肌感覚として若年層の割合が高いです)がふえていて、これからの2〜3年でさらに盛り上がっていくこと間違いなし。

大規模集約型のマッチョな発想が好みな方もいれば、小規模分散型のしたたかさ?でいくぜっていう方もいていいよね。

まあ、低投資ではじめられるといっても、チェーンソーやウェアなどの装備から、軽トラや林内作業車といった木材を運搬する機械を購入すると300〜500万円ほど必要になるわけです。

この障壁、どうしましょうかっていうことも考えてます。

まさにいま、じぶんが置かれた状況なわけですからね…笑

ブログはたのしいですか?

答えはイエス。

高校生のときに、バンドとかダンス、アカペラグループが流行っていたことがありました。

そういう人たちは決まってサイトをつくっていたんですね。無料のやつ。

そこでは各メンバーが好き勝手に、いま思えばポエムみたいな超絶恥ずかしい文章をアップしていたんです。笑 

ぼくだけじゃないですよ、大半がやっていたと記憶しています。

投稿した日記は学校中で見られるので、もちろん人知れず好きだった相手にむけてラブレターみたいなのを書いてた人もいて、それはそれはエキサイティングなメディアだったわけです。

そういうふうに各々がわりと自由に考えていることを発信していたんですが、ブログを設立してしばらくして、当時を思い出しました。

日記を投稿しているひと同士は、互いに意識していました。

ライバルのバンド同士はサイトのpv数でもさりげなく競っていたんじゃないでしょうか。笑

ブログみたいに個人の意見を発信していく方法が数限りなくあるにもかかわらず、当時のようなワクワクすることが減っていったのはなぜか、不思議でした。

それはたぶん、じぶんが発信するのをやめてしまったからだと思っています。

あのときみたいに、くだらないことでもいいからじぶんの意見を発信していくことで、まわりからの反応が返ってきたりでたのしいこともあります。

しかしぼくはわかってきました。

じぶんが発信することを始めてから、自ら情報を採取しに出かけるようになったのです。

いわばアンテナをガバーッと広げることに注力しはじめたわけです。

「流行りにのるやつはバカだ」と思っていた大学生でした。

いまは「流行をしらないのはバカだ。とりあえずやってみてから採用するかどうかを判断すべきだ」と考えるようになりました。

ブログ、おもしろいからやろーよってコト。

そこのアナタ!昔はあんなにトガっていたじゃない…。

日々の生活で思うことがあるんじゃないの?

ツイッターやインスタで気取った投稿ばかりしてブランディングしててもつまんないよ。

おッと…

これ以上はいうまい。

しゅうまい。

食べたいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です