【真面目な方限定】1万円プレゼントします。

下鴨納涼古本まつりの準備で1万冊の本を運んだよ…(口笛文庫)

ご存知でしょうか、下鴨納涼古本まつり。

わりとぼくのまわりでは有名ですが、恥ずかしながら存じ上げずこれまでの京都ライフを過ごしてきました。

どう、スズキです。(どうもの「も」を省略しています。斬新でしょ?)

少しさかのぼりますが、1万冊の古本を運んできました。

カラダがバキバキになりましたが、お手伝いさせていただいた古本屋さんがステキだったので、かるく紹介させてもらおうという記事です。そしてあわよくば夏の下鴨神社を訪れちゃいなよ☆っていう目論みがあります。

今回お手伝いさせていただいのは神戸にある古本屋さん「口笛文庫」さんです。

28

口笛文庫

ということで、下鴨神社へ。

IMG_7140

IMG_7143

うだるような暑さを覚悟して参りましたが、存外、木陰が多くて涼しいのでした。

IMG_7144

糺の森という古来より変わること無くありつづける森の中ということもあってか、広葉樹がモリモリしています。自伐型林業に興味をもつまえであれば、針葉樹か広葉樹かなんてことは気にも留めなかったでしょう。もっと樹種がわかるようになればオモシロいんでしょう。うん、勉強しよう。

IMG_7146

到着したのは昼前。

この時点では会場はこういう感じ。

設営作業中でした。

IMG_7148

作業が押していたのか、1時間ほど待っていると、次第にせわしなくなりました。

そして搬入許可がおりまして…

IMG_7149

急に飛びますが、こういう感じになりました。笑

とりあえず1万冊ちかくを4tトラック2台から降ろしきった図の部分写真です。

IMG_7151

口笛文庫さんとおなじく神戸で古書店を営まれているサンコウ書店さんもブースをシェアしています。

サンコウ書店さんの古本と合わせると2万冊ちかくになるのでは…。

IMG_7154

紆余曲折あり、これらの古本が気合いで見事に陳列されていきました。

IMG_7161

お昼をはさんで一気に頑張りモードです。

ひたすら運んでは並べ、運んでは並べを繰り返します。

IMG_7162

あまり変化がないように見えるのは気のせいです。

確実に前に進んでいるのです。人生とはそうありたいものです。

IMG_7165

もう少し段階的な進捗写真を残すつもりが、しんどすぎて途中がすっぽり抜け落ちています。笑

IMG_7166

ひたすら前進する口笛文庫オーナーの尾内さんの後ろ姿。

IMG_7168

こちらはサンコウ書店のテーブル。

往年のコミックが集まっています。

個人的にはサンコミックの水木しげるマンガが気になりました。

IMG_7169

【口笛文庫】 頑張って運んでいる図。(ヤラセです。)

IMG_7171

【サンコウ書店】頑張って陳列している図(ヤラセです。)

なにはともあれ、無事にはじまっています。

開催期間は8月16日までとなっていますので、独特の雰囲気を味わいたい方は、ぜひ訪れてみてください。ぼくも最終日には伺う予定です。

ではっ!

アッ!紙芝居ほしいと思ったのを思い出した!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です