【真面目な方限定】1万円プレゼントします。

【節約と賢約】格安SIMでiPhoneを使う方法

どうもこんばんは!
1林9ブロガーのスズキです。
※林業とブログの割合を表しています。もっと山に入りたいですね。
今回は世間の認知度も高まった感のある「格安SIM」を実際に導入したい!賢く便利に、そしていまより安くiPhoneを使うための極私的メモを残そうという記事です。
それではさっそくいってみましょう。
注※ 格安SIMについては有益な情報がかなり出回っています。そうしたサイトをいくつかみて勉強したぼくが、噛み砕きまくったうえでじぶんが使おうと考えている格安SIMについて書いていきます。
①格安SIMとは?
Subscriber Identify Module Card のこと。
要するに「そのスマホを使っているのは誰なのか?」を識別するためのカード(ICチップ)ですね。
これがないと携帯は通信ができません。
大手キャリアの多くはSIMカードを自社のものでしか使えないようにしてきました。
いわゆる「SIMロック」という状態です。
そんな状況がながらくありましたが、近年はだいぶ変わりつつあります。
MVNO(Mobile Virtual Network Operator)=仮想移動体通信事業者と呼ばれる業者の登場です。
大手キャリアより格安でSIMカードを販売するようになりました。
mineo、LINEモバイル、楽天モバイルなどのほかにいろんな業者があります。
情報が多すぎて正直疲れてしまいましたが、根気強く調べました。
②どれを使うつもり?
結論がでました。LINEモバイルです。

③いくらでどんなサービス?
カウントフリー:LINE、Facebook、Twitter、Instagramの使用はデータ使用としてカウントされない。
10分でんわかけ放題: アプリの使用による通話は若者なら問題ないと思います。しかし親世代との通話となるとどうでしょうか?なかにはガラケーを使用している方もいらっしゃると思います。妊娠中のママさんや就職で上京して一人暮らしの方などは、両親との通話も増えるかもしれません。通話料もバカにならないので10分無料はうれしいサービスです。
まとめ!
流行に流されず、うまくその波に乗ることを意識してお得にできるところはそうしましょう。
では!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です