▼ゆったり田舎暮らしを考えたら見るべき映像(定価1万円)が無料キャンペーン中▼

安全第一でカッコイイ林業!を目指す津和野ヤモリーズ(島根)が新メンバーを募集開始!

自伐型林業に挑戦したい方に朗報です。

島根で精力的に活動されている自伐チーム「津和野ヤモリーズ 」が5期生の募集をスタートしています。

津和野ヤモリーズについての詳細はウェブサイト からどうぞ。

端的に活動方針が説明されていたので引用しておきます。

津和野自伐型林業は、津和野にある豊富な資源を最大限に活用し、地域の山を管理させてもらい、自分の山のように愛しながら、壊れない作業道を入れ、利用間伐を繰り返し、美しい森林を作りあげていくことです。  「安全第一の作業」を徹底し、「美しい森づくり」を目指します。自伐型林業は様々な問題に対して解決する「自分で考える力」も必要です。そして、何より、子どもたちにあこがれる「カッコイイ林業」を目指して取り組みます。

 基本的に地域の山林所有者の方々とコミュニケーションをとりつつ山林をとりまとめ施業させてもらう「集落営林」のスタイルで活動されているようです。

6月に大阪で開かれた自伐型林業の全国フォーラムでメンバーの方がプレゼンをされていたのを聞いたことがあります。集落に溶け込んで暮らす心がけやその土地で自伐展開をすすめる手法などを意気揚々と話されていたのを記憶しています。

チームとして一致団結した活動をしていくという表明か、真っ赤な作業服を統一して身につけていたりしています。対外的なPRも忘れずにしっかりされている印象です。

そして何より!行政の担当者が非常に積極的に自伐展開をバックアップされている!ということも聞いております。実際のところ、自伐推進を謳っていても行政との熱量の差があったりする地域もあるようですので…。

また、大事な部分なのが収入面だと思います。任期中の3年間は16万が支給されます。

都会暮らしの思考が前提だと不安かと思いますが、任期中にどうにか自立できるだけのナリワイをもつんだ!という意思をもって取り組めばわりと余裕かと。

田舎で山林資源に関わる暮らしに興味がある方はぜひ問い合わせてみてください。

募集要項(地域おこし協力隊ウェブサイト)

ではっ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です