【真面目な方限定】1万円プレゼントします。

クラファンサイトCAMPFIREで”えんぴつをただただ削るだけの大会”開催を支援した理由。

IMG_0277

どうもスズキです。

ついに、ついに。

パトロンになってしまいました。

死ぬまでにパトロンになりたいと思ってはいましたが、ついに実現しました。

CAMP FIREで募集していたプロジェクトで、内容はタイトルにある通り。

“えんぴつをただただ削るだけの大会”の支援です。

今回は支援を決めた理由をお送りしたいと思います。

ではいってみましょう。

なぜ”えんぴつをただただ削るだけの大会”開催を支援したのか?

単刀直入にいえば、主催者の想いに共感したからです。

主催者、高橋氏が掲載していた想いを引用しておきます。

①こどもたちの指に、大切な感覚を取り戻したい

②「手仕事が楽しい」は、人間のDNAに刻まれている

知り合いだったということもあり、クラファンを立ち上げたことは知っていました。

しかしながら、すぐに支援を決めたわけではありません。

米原・甲津原という豪雪地における古民家ぐらしを通して考えを固めていったのです・・・

危険だから近寄らない、触れない、知らなくていいという思考の危うさってあるよね☆

ぼくは去年の10月から改修しつつ古民家ぐらしをはじめました。

年末から雪が降り始め、洗礼を受けております。

寒さが厳しいこと、自伐型林業で里山整備も関わることから薪ストーブを設置しています。

FullSizeRender 33

いかんせん改修中につき、すきま風がビュオンビュオン!なわけです。

ガンガン薪を燃やします。

すると、はじめは恐る恐る焚べていたものも、いかにすれば効率よく燃焼するのかを考えより良い方法を検討・実行する余裕なんかも生まれてきます。

少し慣れてくると薪ストーブでささっと調理もできるようになります。

とにかく、じぶんでやってみよう精神を尊重したいとおもう。

クラファンのページでは小学生が小刀で鉛筆削りをした時のエピソードにもありましたが、大人が「危ないから」という理由で子どもに経験をさせないことがときに、彼ら、彼女らの人生において重大な機会損失を生み出しているということにもっと自覚的であるべきではないのか!と思います。

ケガをするような行為を含む場合も、なぜ危ないのか、どうすれば危険性を減らせるのか、ということをきちんと説明した上で、やらせてみたらいいのでしょう。

命さえ落とさなければそれは教訓になるはずです。


何かで褒められる、誰かに認められるという経験の重要さ

えんぴつ削りの全国大会なので、もちろん表彰される人も出てきます。

誰よりも”美しく”えんぴつを削れた人が優勝。

超シンプルですね。

味方によっては”たかが”えんぴつ削りかもしれません。

しかし、”されど”えんぴつ削りだと、ぼくは思います。

学校の勉強ができたり足が早かったり可愛かったり背が高かったり。

生まれ持ったものや努力して得たもので他人から賞賛されることは、少なからずその人の今後の人生を左右しうる経験です。

主催者側がそういう意識を持って開催に臨んでいるということも支援するにいたった理由の一つです。


ビットコインで支援ができた。

クラウドファンディングの大手といえるCAMPFIRE(キャンプファイアー)では、仮想通貨の筆頭であるビットコインで支援ができます。

52

いくばくかのビットコインを持ち合わせていたことと、今後は仮想通貨がインターネットのようにインフラになるのだ!という意見を聞いていたこともあり、早速仮想通貨で支払いをしておきたいなという思いもあったのです。

コインチェックのウォレットからすんなり支払いができました。

ブロックチェーン、独自トークン、クロスチェーンについてももっと学んでいかねば、気がついたらオジサンになっていそうでコワい・・・


種類豊富なリターン。女子アナからバレンタインチョコももらえる。

30

主催の高橋さんは木工の工芸作家でもあり、リターンでMy箸づくりや孫の代まで使えるガチなイスも選べます。

ぼくは女子アナのチョコにしました。

ちなみに大学の同期です。


まとめ

パトロンって、本当にいいものですね。

自分が納得して相手にも喜んでもらえる。

少額ではありますが、いいお金の回し方ができたように思います。

これが夢にまで見た伝説のWin-Winの関係。

もっとGiverになりたいですね。

それでは、サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ。

クラファンはまだ募集してるので興味を持った方はこちらからどうぞ▼

「えんぴつをただただけずるだけの大会」を開きたい!子どものゆびと心にワクワクを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です