【ブロガー必見!】すずきちの思考を劇的に変えた動画教材(定価1万円)を無料でプレゼントします▼

【未乾燥材としての木材利用の方法?】素朴なつくりの家具”ラスティック・ファニチャー”に挑戦したい→挑戦します。

木材の活用全般に関して、木を使うときは湿気によるソリや乾燥による割れなどを防ぐためにあらかじめ木材を乾燥させて流通させることが基本かと思います。

製材所には大型の乾燥機が備え付けられていることもあり一気に乾燥させることができますが、小さいナリワイとしての木材利用を前提とする場合、そうした設備投資はいきなり難しいところ。

となると、木材を未乾燥のまま(あるいは自然に乾燥した状態で)利用できることはメリットになるはずです。

今回のラスティック・ファニチャー も、森で拾ったいい感じの枝を組み合わせていくことで味のある椅子や机ができてしまうというわけですね。

いきなり売ることを考えずに、まず作ってみるのが良さそうですね。

あとは、流木を利用した家具とかオブジェもありますよね。

個人的にはゴテゴテしたのは苦手なので、スッキリ見せられるような方法を模索していきたいところ。

販売となると洗浄、消毒、ヤスリがけなど諸々段取りが必要になりますかね。

米原だと海がないので琵琶湖まで拾いに行かなくちゃならないのかな・・・

副業としていろいろ模索されている記事を見つけたので、参考までにリンクを貼っておきます。

拾った物で大儲け!ヤフオク・メルカリで流木を売る副業でドンドン稼ぐ

メルカリがいいみたいです。笑

ではっ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です