▼ゆったり田舎暮らしを考えたら見るべき映像(定価1万円)が無料キャンペーン中▼

すべてのページを読む必要があると思っているあなたへ。読書=投資の認識で多読するレバレッジ・リーディングを身につけたのでAmazonで100冊ポチった話。

すずきち

山の奥からこんにちは、地方移住コンサルきこりブロガーのすずきち(@szkjpx)です^^

 

突然ですが質問です!

 

 

読書、してますか?

 

 

「読書したいけど時間がなくてできない!」

「本を買うお金がない!」

 

そんなあなたにこそ読んでもらいたい!!!と思ってこの記事を書いています。

この記事を読めば、本への投資効果を最大限に高める読書方法が身につきます。

5分くらいで読めるようにシンプルに書いたので、ぜひとも読んでみてください^^

それではいってみましょう!

 

読書は費用対効果がめちゃめちゃ高い自己投資

 

読書というと「めんどくさい!」とアレルギー反応を示す人がいます。

ですが、人生や仕事で悩んでいたり、いまの状況を変えたいと思うなら、読書がもっとも手軽でハードルの低い自己投資になります。

 

知識をつけて行動に移す。

 

これをしないと人生は変わりません。

適切な知識を身につけないと、トンチンカンな行動だけを繰り返す日々を送ることになり、時間という現代でいちばん大事な資源を浪費することになります。

 

MEMO
いきなりガツンと行きましたが、それだけ読書のパワーを感じているということです。ご了承ください^^; ちなみに、すずきちは収入の1/10を書籍購入代に当てるようにしています。

レバレッジ・リーディングとは?

 

引用:wikipedia

レバレッジ(Leverage)はレバー(Lever)=てこという意味です。

てこの原理を使うと少ない力で大きなモノを動かすことができますよね?

つまり、レバレッジ・リーディングとは、少ない労力で大きな成果を出せるようになる読書の方法だということです!

レバレッジ・リーディングを知るだけでも、たくさんの本を効果的に読めるようになります。

ちなみに、たくさんの本を読む=多読です。速読ではありません。

 

MEMO
すずきちの認識では、多読術=本の重要な部分を効率よく吸収できるようになるということです。

 

目次を眺める→読む目的を書く

 

もう1ページ目からじっくり読むのはやめましょう!!

おすすめは次の3ステップの方法です。

 

  1. 目次にざっと目を通す
  2. 読む目的をメモする
  3. 気になった部分からつまみぐいする

 

「全部読まないともったいないのでは・・・?」

こう思った方はとても真っ当な思考だと思います。

・・・ですが、もう全部読むのはやめましょう。

その理由は次の通りです。

 

本の中で重要なのはたったの2割

 

あなたは「80:20の法則」をご存知でしょうか?

パレートの法則は、働きアリの法則と同じ意味合いで使用されることが多く、組織全体の2割程の要人が大部分の利益をもたらしており、そしてその2割の要人が間引かれると、残り8割の中の2割がまた大部分の利益をもたらすようになるというものである。経済以外にも自然現象や社会現象など、さまざまな事例に当て嵌められることが多い。

参考:wikipedia

「80:20の法則」を本にも当てはめて考えると、本の中身で大事な部分というのはたったの2割しかないということです。

残りの8割は、読まなくてもいい箇所だとも言えます。

これがわかると読書のハードルが下がるし時間も短縮できるので、投資効果を最大化したいという方は、必ず覚えておいてくださいね!^^

 

本は汚して読もう

 

あなたが本を読む「目的」はなんでしょうか・・・?

 

すずきちは知識をつけるために本を読みます。

知らない知識を仕入れて、あなたの人生を豊かにするために行動を起こす。

読書の目的の9割はこれだと思います。

 

だとすれば、ビビビッ!ときた箇所にはカラーペンやマーカーでどんどん印をつけて行けばいいのです。

 

「本は大切にしましょう」=「書き込みはしてはいけません!」ではないのですね。

 

読書=自己投資であって、投資であるからにはリターン(見返り)があるべきだと思います。

リターンを得るためには、身につけた知識を実行して、得られた結果を分析して改善する。

これを繰り返していくことでリターンが得られるようになるわけですね。

 

MEMO
正しい知識を学んで実行する。数をこなすのは必要ですが、変なフォームで素振りしていても結果が出るまで時間がかかりますよね。となると、その道の成功者に学ぶのが近道ではないでしょうか。効率よくやるなら守破離が大事です。

 

ビビッ!ときたらスマホでメモをとる

 

「これは・・・!!」

という部分はスマホのメモ帳にメモしておきます。

A4の紙に出力して常に持ち歩くのもいいと思います。

抽出したそれらのメモは絶対に頭脳に定着させたいので、何度も何度も何度も何度も見返すわけです。

そうして、自分だけの「レバレッジ・メモ」をつくっていけば、これまでの読書方法=読みっぱなしと比べて数十倍の投資効果を実感できるようになるはずです!

 まとめ:レバレッジを意識すると生活が変わる。

 

シンプルにまとめます。

↓↓↓レバレッジ・リーディングを身につけるための7つの方法↓↓↓

 

  1. 本は1ページ目から読まない
  2. 目次にざっと目を通す
  3. 読む目的を書き出す
  4. それを意識しながら目次の気になる部分を読む
  5. ビビビっときた箇所をメモする
  6. メモを何度も読み返す(音読もGOOD!)
  7. 人に説明する→できないなら理解できてないということ

 

この7つのことを意識して読書をすれば、あなたも必ずレバレッジ・リーディング=投資効果を最大化する多読術を身につけることができるはずです。

 

あなたもすずきちのように「積ん読」上等になり、Amazonで欲しい100冊くらいはポチポチできるようになりますよw

 


最後まで読んでいただきありがとうございます!

レバレッジ・リーディングについてもっと知りたいという方のために、元ネタとなった本を紹介しておきますね。

 

レバレッジ・リーディング

created by Rinker
¥1,566 (2018/11/21 22:52:57時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

すずきち

この記事が参考になったという方は感想をコメントしていただくか、SNSでシェアしていただけると泣いてよろこびます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です