▼ゆったり田舎暮らしを考えたら見るべき映像(定価1万円)が無料キャンペーン中▼

「人生が2度あれば」という人間の根源的欲求について・・・

すずきち

山の奥からこんにちは、地方移住コンサルきこりブロガーのすずきち(@szkjpx)です^^

 

突然ですが、あなたは後悔することがありますか?

 

ぼくは後悔することがありません。(マジです。自分でもびっくりするぐらいです)

 

よく「たられば」が口癖の人がいますが、すずきちからすれば「じゃあなんでやらないのかなあ・・・」という感じです。

 

ぼくが敬愛する井上陽水の曲に『人生が2度あれば』というタイトルの曲があります。

 

 

ぼくがこの曲をはじめて聞いたのは中学2年生でした。

15年前です。

 

単純に衝撃でした。

 

自分の人生で悩んでいる人は一度聞いてみてほしいと思うんですよね。

 

悩んでるだけの時間って、すごい無駄だと思いますよ。

 

結局、やるかやらないか。

それだけだなと思うようになりました。

 

自分の人生なのだから、自分で手綱を握らないと後悔するのは目に見えています。

 

なんだか普段と比べてキツイことを言っているなあー、と思うかもしれませんが、このスタンスはぼくの軸です。

 

「人生は2度ない」

 

中学2年生の思春期真っ只中の時に実感したこの圧倒的事実。

 

人生をリセットしても、その人生はあなたが主人公じゃないんですよね。

 

だったら、今の人生を主人公として精一杯駆け抜ける方法を考えた方が楽しいのは明白です。

 

 

あなたの人生の主人公は、あなたのパートナーでも子どもでも両親でも親戚でもご近所さんでもありません。

 

 

他でもない、あなた自身です。

 

 

ということで、ちょっぴり辛口な木曜日のすずきちでした^^

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です